ココナッツオイルの使い方(食事編)

ココナッツオイルの簡単な摂り方




ココナッツオイルの使い方(食べ方編)

バターやマーガリンの代わりにトーストにぬって

マーガリンやバターの代わりとして使用すると、ココナッツのほんのりと甘い香りが、トーストとよく合います。濃厚でありながらあっさりとした後味です。
バター、マーガリンにはトランス脂肪酸、コレステロールが含まれていますが、ココナッツオイルは、ゼロ・トランス脂肪酸、ゼロ・コレステロールです。


炒め物や揚げ物などのお料理に

酸化安定性が高く熱に強いのがココナッツオイルの大きな特長です。
オリーブオイルが体に良いと言われていますが不飽和脂肪酸が多いので酸化に弱く、取り扱いが非常に難しいのです。
揚げ物や炒め物等の加熱料理にはココナッツオイルを使用されるのがベストです。ココナッツの香りがほんのりしますが、香りほど味は強くないので、いろいろなお料理に使えます。
お菓子やパンの材料としてバターの代わりに
クッキーやケーキ、パンの材料としてバターと同じように使えば、ゼロ・トランス脂肪酸、ゼロ・コレステロールのヘルシーなお菓子・パンができあがります。

ココナッツオイルをつかったレシピはこちら


更新日:

Copyright© 有機ココナッツオイルのHappy Coconut! , 2018 All Rights Reserved.